無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
ワームウッド

ワームウッドです。前に紹介したサザンウッドとは同じキク科ヨモギ属の仲間です。
ワームウッドと言う名前はエデンの園から追放された蛇(ワーム)の這い跡から生じたという伝説に由来します。
このワームウッドで一番よく知られているのは、アブサンという世界一強い「緑の魔酒」とも言われた酒の香り付けに使われたことでしょう。
他にもこのハーブには様々な効果があり、古代ローマ人は腹痛やけいれんを抑える薬として用い、その灰は抜け毛や髭を早くはやすための軟膏として用いられたとも言い、回虫などの駆虫剤(虫下し)としても使われるそうです。また古くから分娩促進のための湿布薬として使われいたとも言い、学名のアルテミシア(Artemisia)は、分娩中の女性を世話をしたと伝えられるギリシャ神話の女神アルテミスからきたものです。このハーブの英名と学名が全く違う意味合いというのも面白い話です。ワームウッドに含まれるツヨンという成分を多量に摂取すると嘔吐、神経麻痺などの症状が起こり、習慣性も強く続けて摂取するのは良くないそうです。
アブサンという酒もアブサンティズムと呼ばれる中毒症状が問題化され、1915年以降は生産は中止されたということです。

サザンウッドと同じく、防虫の効果もあり、モンシロチョウやガをよせつけないといわれ、煮出した液を噴霧して用いるそうです。葉と花からの抽出液は、消化器官、肝臓、血液の強壮薬として用いられ、炎症を鎮め、不純物を取り除く作用もあります。また、含有成分の一つハルシノゲン、サントニンは防虫駆虫効果がある反面、有毒成分でもあり前述の中毒症状を引き起こします。いずれにしても有毒な成分が含有している事を踏まえた上で使うことが重要なようです。

風通しがよく、日当たりが良ければ、耐寒性もあり丈夫で育てやすいハーブです。また、銀色がかった切れ込みの深い葉が美しく、ガーデンの縁取りには最適です。
今回載せている画像は布引ハーブ園のワームウッドの見事な群生です。これだけに育つとかなり見ごたえがあります。
以前に今年はワームウッドの種を蒔いて育てます、という記事を載せましたが、通常はワームウッドは種からの栽培が難しく、苗を買うか株分けで栽培するそうです。
私の蒔いた種はどうなったのかを報告しますと・・・


とまあ、こんな感じにチビすけのワームウッドが育っています。いずれは大きく育って欲しいものです。




シャーマンが伝える聖なるハーブのチカラ!

ランキングにも参加してみました。クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
| hades444 | 虫除けのハーブ | comments(3) | trackbacks(0) |
神戸 布引ハーブ園 〜ハーブの風景〜


前回の記事で、神戸の布引ハーブ園へ行ったという事を載せたのですが、今回は園内のハーブを少し紹介してみようと思います。
布引ハーブ園では、多くの種類のハーブをカテゴリーで分けて栽培してあり、キッチンハーブ、防虫・除虫のハーブ、薬草になるハーブといったように、分類されて植えられています。そして、それ以外にも温室やワイルドフラワー園などもあり、元気なハーブを見ていると、それだけで癒されます。

最初の画像はハーブ園へ入って最初にある花壇です。
横に広い花壇で、かなり多くの種類のハーブがあり、画像では一部分ですが、ラベンダーやラムズイヤー、オレガノなどが見えます。
ここでいきなり、ずっと苗が欲しいと思っていたハーブの群生に遇いました。



ここはワイルドフラワー園です。ハーブの花の多くは控えめでおとなしい印象の花が多いのですが、これだけ沢山の量が咲いていると圧倒されます。
ポットマリーゴールドやデイル、ジャーマンカモミールなどが見えます。



これもワイルドフラワー園ですが、まったく違うところを見ています。
カモミールの群生は、りんごのようないい香りがします。セージも見えます。
このワイルドフラワー園には、花を一望して食事が出来るようなテーブルもあります。



これは温室やクラフトの講習を受ける施設の前にある花壇です。
ローズマリーがかなり茂っています。ローズマリーやラベンダーは種類も多く見られ、ラベンダー園はこれからが見所です。ローズマリーもこれだけあると、辺りに香りが漂っています。


自宅の庭で小さなプランターで育てているハーブと、こういう風にいくらでも育つ環境のハーブを見ると、まるで違う植物かのように見えます。小さなプランターで育てていると
、ハーブはちょっと繊細な、か弱い印象がありますが、ハーブ園で野生に近い状態で見ると剛健な感じすらするのです。ここでは、他にも歩いていると山肌にジャスミンが蔓を伸ばして沢山の花を咲かせていたり、ハーブ以外にも多くの植物の姿を見ることが出来ます。昨年の秋に松江のイングリッシュガーデンへ行った時にも、多くのハーブを見ましたが、松江でも自由に育っているハーブはとても見ごたえがありました。私の庭でもそんな風に大きく育ててみたいと思います。
布引ハーブ園は本当に良いところです。また、今度は違うハーブ園にも行ってみたいと思います。


シャーマンが伝える聖なるハーブのチカラ!

ランキングにも参加してみました。クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ





| hades444 | ハーブに関する色々なこと | comments(9) | trackbacks(0) |
神戸 布引ハーブ園
今日は神戸市立布引ハーブ園へ行ってきました。
布引ハーブ園は、神戸市営地下鉄の新神戸駅から新神戸ロープウェーに乗り、北野1丁目駅〜風の丘駅〜布引ハーブ園駅と、十数分の空中散歩で行くことが出来ます。
園内にはハーブや香料についての展示などがされている施設や、ハーブの苗や種、ドライハーブやハーブティ、エッセンシャルオイルやアロマ雑貨などを販売するショップ、料理やお茶の入れ方、ハーブの楽しみ方の講習を受ける施設、石鹸やお香作りを体験できるコーナーや、レストラン、カフェなど様々な施設があります。


ロープウェーの往復乗車券とハーブ園の入園券が1200円でセットになった券がとてもお得です。



北野1丁目駅からロープウェーに乗り、六甲山へと登ってゆきます。眼下には布引の滝や布引ダムなども見ることが出来ます。


後ろを振り返ると、神戸の街と海が見えます。ポートアイランドや神戸空港、六甲アイランド、今日は霞んでいますが、晴れた日には堺や大阪南港も見ることが出来ます。


中間の風の丘駅を越えると、空からハーブ園を見ながら布引ハーブ園駅へと、更に登って行きます。布引ハーブ園は山の上から中腹にかけての縦長の形をしています。
その始まりと終わりがそれぞれ、ロープウェーの布引ハーブ園駅と風の丘駅ということになります。中腹から登りながら園内を見て回るか、または山の上から下りながら見て回るか、どちらでも楽しめます。そして往復の乗車券があれば、風の丘駅とハーブ園駅の間は何度も往復出来て、再入園も可能です。
私はハーブ園を下りながら見て廻り、風の丘駅からもう一度ロープウェーに乗ってハーブ園駅へ降りて、アロマ石鹸作りの体験をして、ハーブの苗や種の買い物を楽しんだ後、再度ロープウェーでハーブ園駅から北野1丁目まで降りました。


ここはハーブ園駅を出てすぐのところです。神戸の街を見下ろせる展望台があり、ここではジャズの演奏などもやっています。


レストランではハーブをふんだんに使った料理がビュッフェ形式で食べられます。時間によってはアラカルトになるそうですが、特にビュッフェは料理の種類も多く、低料金で満足度も高いです。ハーブを使った料理ということで、参考にもなります。


ここはスパイス工房という施設です。他にも色々な建物や施設がありますが、どれもとても良い雰囲気です。

園内のハーブについては、また別に紹介したいと思いますが、この布引ハーブ園は本当にのんびり、ゆっくりとハーブを楽しめるところです。
園内のハーブもとても元気で状態が良く、手入れも行き届いていて、自然な状態のハーブを見ることが出来ます。
周囲には北野の異人館街などもあり、神戸市街へもすぐに行けるので、私もハーブ園から北野へ行き、異人館街を散策したあと、三宮を中心に神戸の街を歩き、元町まで行って南京町で中華料理を食べて帰りました。
神戸は海と六甲山に挟まれた、独特の情緒を持った街です。かつては阪神大震災で甚大な被害を蒙りましたが、今は以前にもまして美しい街並みを取り戻しています。
そんな神戸にある、布引ハーブ園は本当に街からすぐ行ける癒しの場所です。


北野や南京町は別のブログで紹介しています。ココからジャンプ出来ます。

シャーマンが伝える聖なるハーブのチカラ!

ランキングにも参加してみました。クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ



| hades444 | ハーブに関する色々なこと | comments(2) | trackbacks(0) |
サザンウッド 〜蚊寄らず?〜


写真が変なところにピントが合ってしまっていますが・・・これがサザンウッドというハーブです。
キク科ヨモギ属の落葉性の多年草です。別名セイヨウカワラニンジンともキダチヨモギ(木立蓬)とも言われます。
サザンウッドの葉は細く切れ込んだ形をしており、柑橘っぽい、ツンとした甘い香りがします。ヨモギ属でもヨモギとは全く違った香りです。
このハーブの効果も色々とありますが、何と云っても一番は防虫・殺菌効果でしょう。
アメリカやオーストラリアでは蚊やハエが嫌う植物として重宝おり、蚊が嫌うという点を生かして窓辺に置いたりするそうです。
またフランスでは衣服を守る虫除けハーブとして親しまれているそうです。
束ねてクローゼットに吊るしたり、小袋につめて衣類やカーペットに挟んで利用します。ラベンダーやクローブと合わせると更に効果が高くなるでしょう。
また、サザンウッドは抜け毛予防と髪の毛の成長を促すと言われます。
飲用や食用と云うよりも、鑑賞や蚊除けや防虫・殺菌を目的に利用するハーブというイメージが強いのですが、ハーブティーとして飲用すると強壮・月経促進・発毛促進などの効果があると云われています。
栽培に関しては、日当たりの良い、水はけの良い環境を好むようです。育ててみた感じでは、やや乾燥気味の方が良いようです。生育旺盛で高温多湿にも耐えるとされますが、梅雨や夏の蒸れには注意が必要です。
株分けや挿し木で簡単に増やすことが出来、大阪では冬も屋外で育てて問題ありませんでした。春になると次々に新芽が出て成長します。
とても育てやすいハーブです。
ハーブの世話をする時には蚊が多くて困りますが、そんな時にはサザンウッドの葉を擦り付けるのも良いかも知れません。



シャーマンが伝える聖なるハーブのチカラ!

ランキングにも参加してみました。クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ

| hades444 | 虫除けのハーブ | comments(6) | trackbacks(0) |
ゼラニウムは満開

このところ、清清しい気候が続いています。
先日お伝えした、松江からの苗たちも無事に到着しました。

成長のシーズンを迎えて、ハーブたちは順調に育っています。
特にこの時期は花も咲くので、鮮やかな緑に色とりどりの花の色が映えて綺麗です。
ハーブの花は控えめな小さい花が多く、ラベンダーのように一面に咲くと壮観ですが、単体で咲いていると豪華というようりも可憐な感じです。

今、私の庭ではナスタチウムやワイルド・ストロベリー、クリムゾン・クローバーなどが咲いていますが、一番の花盛りはゼラニウムです。
ずっと前に紹介した、こぼれ種から発芽した小さなゼラニウムは、今や私の庭では最大の株となっています。その株だけでなく、挿し木で簡単に殖える点を生かして、あちこちに挿したものが次々に花を咲かせています。写真はひとつの花を撮りましたので、小さいですが、実際にはかなりの数が咲いています。

ゼラニウムは香りが素晴らしいハーブです。お菓子の香り付けなどに使われることも多いようですし、ポプリにも最適な香りです。
ゼラニウムの葉を入れて、冷蔵庫で冷やしたゼラニウム水を利用される方もおられますし、入浴剤としてもよく利用されています。
ゼラニウムの葉を一掴みぐらい用意して、適当にカットし、木綿の袋に入れて湯船に入れると、良い香りでリラックス出来ます。熱湯にゼラニウムの葉を入れて、しばらくフタをして置いた、抽出液を入れるのもとても良い香りが楽しめます。
ドライの葉を細かく刻んで、紅茶の葉5に対して1くらいの割合でブレンドして飲むのもおいしいです。

前にゼラニウムは蚊連草とかいう名前で売られていたりする、この香りを蚊が嫌うらしい・・・という事の掲載したのですが、最近私が知ったところによると、蚊連草というものとゼラニウムは別のものだそうです。
蚊連草というのはチャイナグラス(シトロネラ草)とアフリカンゼラニウムの異種交配
で出来た種類だそうで、見た目はローズゼラニウムと区別がつかないそうです。
ただ、香りがゼラニウムよりも柑橘系っぽい?そうです。
ゼラニウムには蚊を寄せ付けない効果はあるのか、実際のところはまだよく分かりません。その効果はさておき、そこにあるだけで香りを楽しめるゼラニウム、この時期はきれいな花も楽しませてくれています。
蚊の方はサザンウッドやワームウッドに任せとくかな・・・?あせあせ






シャーマンが伝える聖なるハーブのチカラ!

ランキングにも参加してみました。クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ


| hades444 | ゼラニウム | comments(4) | trackbacks(0) |
ネットで苗を買ってみます


4月になって、近所のショップには色んな苗が入荷しています。
去年はなかったものもあるようです。
ホームセンターなどにも代表的なハーブの苗は並びますが、管理がイマイチで入荷して日数が経つと状態が良くないこともしばしばです。
その点、花屋さんや園芸専門店は、管理も行き届いていて元気な苗が多いです。

ただ、私が近所のお店で聞いたところによると、ハーブの苗の場合はコンテナの中に色んな種類がアソートされていて、どれというように指定出来ないので、どれが入っているかとかまでは細かく判らない、・・・なのでどの苗を入れてくれ、というようなリクエストにはなかなか応えられない・・・そうです。
大きな鉢で販売されているようなものは、ある程度リクエストも出来るかも知れませんが、100円や200円程度のものはそうもいかないようです。

そこで、ハーブの専門店やハーブ農園で入手する訳なんですが・・・なかなか身近にそういうものがない場合は、やっぱりネット通販というもの有効な手段になりそうです。
特に欲しい苗や珍しい苗を探すことも出来ますので、今回は私も近所ではなかなか見つからないものをネット通販で買うことにしました。
今回は松江のショップと福島のショップにオーダーをしましたが、松江のショップの方は、送料も安く、種類も多かったので欲しいものが見つかりました。
この松江のショップはとても親切なショップで、発送予定の苗の写真を送ってくれました。これからウチにはるばるやって来る苗たちの姿を見ると、とても楽しみですね。

余談ですが、昨年の10月に松江に旅行へ行きましたが、松江はとても良いところです。
美しい町並みと宍道湖、静かで穏やかな、心が落ち着くところです。
何度でも行きたくなるところです。

これから松江を出発して大阪まで来てくれる苗は・・・ヘリオトロープ(白花)とグリークオレガノ、パインゼラニウムです。ヘリオトロープは鑑賞用のものではなく、香料を取るための種を選びました。一鉢で部屋に香りが行き渡るほどの香りの強いものです。
パインゼラニウムも、何種かのゼラを育てている私の庭にないもので、これも強いパイン(松)の香りがするというものです。そして、グリークオレガノは料理用にされるオレガノで通常の種類よりもずっと香りが強いものです。
今回の3種はすべて香りを求めて選んだものです。
ショップの方が送って下さった写真で見ると、ゼラニウムはもう花が咲いているようです。ヘリオトロープもオレガノもとても元気そうです。
苗を通販で買うのは初めてなのですが、とても楽しみです。苗が届いて、落ち着いたら詳しく報告したいと思います。


パインゼラニウム


ヘリオトロープ

シャーマンが伝える聖なるハーブのチカラ!

ランキングにも参加してみました。クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ





| hades444 | 色々なハーブ | comments(3) | trackbacks(0) |
クリムゾン・クローバー


クリムゾン・クローバーはマメ科の一年草です。レッドクローバーや、シロツメクサの仲間です。
去年の秋くらいから育てていて、真冬も屋外で越しています。最初に苗を買った時は、なーんの魅力もない、それこそどんどん繁殖して迷惑を蒙っている、カタバミの大型みたいな感じで、おまけにちょっとでも水やりを忘れると冬でも萎れてしまうという手のかかる面もあり、「こんなカタバミの親戚みたいなのに手がかかるのか〜。」と思いつつ育てていました。
真っ赤な花が咲くのは知っていましたので、いつ頃咲くのか調べてみたところ・・・開花期は7月〜とありました。 ・・・? うちのクリムゾン・クローバーは4月でもう咲いてます。

この花の姿から、ストロベリー・キャンドルとも呼ばれるそうです。
イチゴを逆さにしたような形ですね。 ちなみにこの花は食べられるそうです。
サラダやお茶にするようですが・・・私は食べたことはありません。
葉は茹でて食べるようです。こちらの方が抵抗ないですね。

花のない時は、本当に緑のきれいめなカタバミの大型って感じで、本当に華のない姿ですが、暖かくなるにつれて、茎がぐんぐん伸びる部分が出てきて、その先端に花が見事に咲きました、周囲の緑にも映えて、とても綺麗です。
控えめな花を咲かせるものが多いハーブですが、こんなに目立つものもあるんですね。
実際に育ててみた感想としては・・・水切れに注意する他は、特に何も気にしなくても良かったような気がしています。



シャーマンが伝える聖なるハーブのチカラ!

ランキングにも参加してみました。クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ

| hades444 | 色々なハーブ | comments(3) | trackbacks(0) |
レモンバーベナ  〜レモンの香りのハーブ〜


その名の通り、レモンの様な芳香のするハーブです。
料理やお菓子にレモンの香りを付けたい時には利用できます。

レモンバーベナは落葉低木とされ、秋には葉が落ちてしまいますが、関西では屋外でも越冬出来ています。秋を過ぎると「枯れた?」と思わせるような姿になりますが、桜の花が咲く頃から新芽が出始め、見る見る大きくなります。
日当たりが良く、水はけの良い環境を好みます。また、アルカリ性の土の方が良いようですので、植える時は石灰を予め施しておくと良いと思います。
成長期(初夏頃から)にはかなり伸びてきます。写真のような小さな白い花も咲きますが、種子はつきにくいようです。殖やすには挿し木で殖やす方が良いそうですが、私はまだやった事がありません。

関西では屋外で越冬出来ましたが、基本的には耐寒性はないので、寒くなるとマルチングをしてやったり、屋内に入れたりという対策が必要かも知れません。
2枚目の写真は冬を越して、今年の春に新しく出てきた芽です。

香りが素晴らしいだけに、ハーブティー、ポプリ、入浴剤、香料と色々に使えますが、特にハーブティーはおススメです。
レモンバーベナ、レモングラス、レモンバームのフレッシュの葉を使ったハーブティーは代表的なもので、とても美味しいです。





シャーマンが伝える聖なるハーブのチカラ!

ランキングにも参加してみました。クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ




| hades444 | レモンバーベナ | comments(4) | trackbacks(0) |
ヒソップ



ヒソップはシソ科ヤナギハッカ属の半常緑の低木です。
西アジアからヨーロッパの地中海沿岸地方原産で、丈夫で育てやすく、寒さにも強いのですが、梅雨から夏、初秋の蒸れには注意が必要です。
草丈は50センチ程になり、よく分枝して小さな葉が沢山つきます。
全体に薄荷に似たような香りがあり、若く柔らかい葉ならサラダに少し混ぜるとよい香りになります。ドライの葉は肉料理と相性が良く、細かく刻んで少量使うと良いと思います。
香りを生かして、ドライフラワーやポプリに利用するのも良さそうです。
花は青紫、ピンク、白とありますが、この写真のヒソップは青紫の花が咲きました。花は綺麗な色で、緑にとても映えます。

ヒソップは古くから殺菌・防虫効果のあるハーブとして知られてきたそうで、古代ローマでは床に撒くハーブとして利用されたり、洗濯のすすぎに使われたりもしたそうです。
また、ドライの葉はハーブティーにすれば、咳止めや風邪の予防にも良いと聞きます。
ヒソップは聖書にもその名前が現れ、聖なるハーブと言われたりもします。
そんな事からでしょうか、この苗を買った時には「イエスのハーブ」と書かれていました。

この小さいヒソップはようやく冬を越して、ぐんぐんと成長しています。
中秋から冬の間は葉も赤くなって、寒さに耐えてますっ!という感じでしたが、暖かくなる前に古い枝をカットして、整えてやると気温の上昇とともに、どんどん新しい葉が出てきました。7月くらいには花も咲くと思いますので、綺麗に咲いたらアップします。




歴史を超えて甦る
聖なるハーブの力


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
ランキングに参加してみました



| hades444 | ヒソップ | comments(6) | trackbacks(0) |
これもハーブと言えるかも? 行者にんにく



すっかり暖かくなってきて、庭のハーブたちもどんどん新しい芽を吹いています。
いよいよ待ちに待ったハーブのシーズンです。

・・・ところで、今回はちょっと志向を変えてみます。
行者にんにくです。
北海道などでは自生しているところもあるようです。
この画像は、実は3月の初めくらいのもので、今はもっと大きく成長しており、株も増えています。

行者にんにくは、今では自生地も減少の一途をたどっており、そういう場所は国立公園などになっている場合も多く、採取は難しいようです。
よくお店でも苗が売っていますが、私もちょっとしたその時の気分で一株だけ残っていたものを買いました。

北海道での自生が多いだけに、冬の寒さには強く、夏の暑さには弱いようです。
私はこんな小さな鉢に植えてしまっていますが・・・あせあせ、本当は半日日陰になるような場所、春や秋は暖かく、夏は涼しい場所や屋敷林の中のような場所が良いようです。植える時の土は、元々山の中に自生している事から考慮して、堆肥と腐葉土を混ぜたような土にあらかじめ発酵油粕を混ぜておくのが良いそうです。水はけの良い土を好みます。
肥料は油粕を時々与えるようにしています。
行者にんにくは育つのに長い年月がかかります。私の育てている苗は、まだ2年目なので、収穫というところまでは行かないようですが、昨年の冬には葉も全部なくなりましたが、春になると新しい葉と新しい株が出てきています。もっと大きな鉢に替えてやった方がいいかも知れません。
行者にんにくは滋養強壮の食材として有名ですが、テレビでは内臓脂肪を取り去り、血液をサラサラにするとも紹介されていました。どうなんでしょうか。
効果はともあれ、私もとりあえずは収穫して食べてみたいと考えています。その日が楽しみです。


行者ニンニクを苗から育ててみましょう

シャーマンが伝える聖なるハーブのチカラ!
| hades444 | 色々なハーブ | comments(8) | trackbacks(0) |