無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
センテッド・ゼラニウム


以前にアップした記事で、こぼれ種からゼラニウムの芽が出た、というのがあります。
その時の小さな芽がどうなったかを報告します。

・・こんなに大きくなったんですね。
昨年の7月の終わり頃に芽が出てきて、秋にもぐんぐんと育ち、冬の寒さにも負けず・・
雪がたくさん積もった日も元気でした。
でも、本当にたまに水をやっているくらいで、大して手間はかけていません。
そんな状態でも大きく育っています。
私の家の近くの公園にはこんな風に自生している大きなゼラニウムがあります。
公園の前を通ると、いい香りがします。

このゼラニウムは挿し木で簡単に殖えます。
伸びすぎた枝をカットした時に、切り落とした枝を土に挿しておくだけで根がつくようです。ただ、上手に枝を整えてやらないと変な格好のまま伸びてゆきますので、こんもりとした本来の姿にするには、マメな手入れが必要かもしれません。
写真の株は自然に出てきた場合なので、初めからよく整った形をしています。
丈夫で大きく育つゼラニウム、もっと温かくなるとピンク色の花がたくさん咲き、どれくらいまで大きくなるでしょう。
楽しみですが、大きくなり過ぎるのも困るかもです。





歴史を超えて甦る
聖なるハーブの力


| hades444 | ゼラニウム | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
2008/03/21 4:53 PM posted by: ラクッコピコりん
センテッド・ゼラニウム!!
これを植えておくと蚊が寄らないわけですね?
雑草地でも育つんでしょうか?
畑の周りにドババっと植えたら蚊が減るかな?
冬でも育つって事は越冬もするのかな?
ピコりんの畑、今日見てきたら積雪30cmくらいありました・・・・。ズボズボ。
2008/03/22 11:57 PM posted by: hades444
ピコりんさん、ようこそお越し下さいました!
ここではコメントを頂くのはピコりんさんが初めてです!
TBをされた方はあるようですが、コメントは本当に初めてです。本当に有難うございます。

さてさて、ゼラニウムですが・・・このハーブはアフリカの喜望峰原産だそうで、一応ハーブの専門書などには半耐寒〜非耐寒とされています・・・・が!!
『耐寒性はありませんが、寒冷地の冬でも適度な光と気温があれば、やさしい香りと可憐な花を楽しむことができます。』とされている場合も多いのです。

そして蚊取草とか蚊連草とか云われる方ですが、たしかに専門書などにも蚊がこのハーブの香りを嫌うそうなので、窓辺などに置くと良い、と書かれています。
そしてこのハーブの精油にはテルペン系物質が含まれており、それが殺虫剤となるので蚊やりとしても良いとされています。

ちなみにウチの庭にはこのハーブが何株かありますが、蚊に刺されることもあります。
う〜ん。鉄壁の守りではないようです。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://harbgarden.jugem.jp/trackback/8