無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
ゼラニウム


ゼラニウムと一口に言っても、色々とありまして・・・今回取り上げるのは、いわゆるハーブのゼラニウム、センテッド・ゼラニウムです。
ニオイゼラニウムとかカオリゼラニウムなどとも呼ばれます。
その名前の通り、とてもよい香りがします。ハーブの世話をしている時にちょっと衣服に触れていたりしても長く香りが移っていたりします。
この香りを蚊が嫌うらしく、「蚊連草」とか「蚊取草」とか、そんな名前で売られている事もあります。そう言えば・・・私が買った時も「蚊取くん」という札がついてました。あせあせ

このゼラニウムは多年草です。初めて買った時は夏の終わり頃、花屋さんの苗の売場でいくつか売れ残ってたのを買いました。
とても丈夫なハーブで、買った時に花屋の店員さんが「この子はすごく大きくなるんで、大きめの鉢に植えてあげて下さい。」と言ってましたが、本当にグングン大きくなり、そのまま外で冬を元気に越して、次の春には花が次々に咲きました。

「え? 写真はちっちゃいじゃん?」というツッコミがありそうですが・・・このゼラニウムは、挿し木で簡単に殖えます。枝をカットしてそのまま挿していると、まず根付いてくれます。しかも、花が咲いたらこぼれ種で芽が出てきます。
写真はこぼれた種から自生したゼラニウムの芽なんですね。
小さいですが、かなりいい香りを放っています。

ゼラニウムはかなり色んな種類があるようですが、ウチにはいま2種類あります。
また花の写真や別の種類も紹介したいと思います。

このハーブは乾燥気味に育てる方が良いようです。あまり水をやり過ぎない事と、夏場は蒸れに気をつけて刈り込みをしてあげる事、花の後は切り戻しなどもするとより良いと思います。土質も選ばず、本当に丈夫で育てやすいハーブです。

ゼラニウムの香りは精神をリラックスさせる働きがあるそうです。
この香りをポプリやハーブバスに利用すると良いそうです

| hades444 | ゼラニウム | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://harbgarden.jugem.jp/trackback/3