無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
エキナセア 〜インディアンハーブ〜

私の庭では今、エキナセアの花が咲きそうです。
エキナセアはハーブを育て始める前から、その効果・効能については知っていて、色々なハーブを育てるようになって、エキナセアの苗がずっと欲しかったのですが、身近なところでは苗を見つけることは出来ませんでした。あっちこっち探していたんですが、結局見つけられず、昨年ネットで種を入手して蒔いてみました。
苗から育てる場合と違い、種から育てると成長がとても遅いようです。昨年芽を出した株は、秋以降には室内で育て、今年の春になってぐんぐんと伸び始めました。そして、今年ようやく花を見せてくれそうです。一年越しの開花まで、あと一息です。
しかし、このエキナセアは蕾が出来てから、こんなにも時間がかかるのかを思う程ののんびり屋さんで、花びらが伸びてからも数日経っています。一枚目の写真は日曜日に撮影しました。その前日には咲くと思っていましたが咲かず、この状態です。
そして月曜の朝の状態が2枚目の写真です。まだ花びらの一枚一枚が巻いています。これが開いて大きな花になります。


エキナセアはキク科ムラサキバレンギク属の多年草です。原産地はアメリカ東部で、育てるには、やや乾燥気味に、肥えた土で日当たりの良いところで育てるのが良いと思います。風通しの良い場所の方が適していますので、梅雨時は過湿にならないよう、気をつけてやる必要があります。耐寒性がありますが、冬には地上部が枯れる場合もあります。私のエキナセアも冬に室内にあっても枯れましたが、春には新しい芽が出ますので心配ありません。
アメリカ大陸の先住民は、古来からエキナセアを優れた万能の薬草として活用していたそうです。根を叩いて出来た汁を、外傷や咳止め、のどの痛みなど治療に用いたといわれています。エキナセアは弱った免疫力を強化し、病気に対する抵抗力を高める働きがあるといわれ、直接ウイルスを攻撃する抗ウイルス作用もあるそうです。
殺菌効果や膀胱炎、風邪、インフルエンザなどの感染症にも効果があると云われ、花や葉をドライにしたハーブティーなども良いようです。チンキは感染症、傷に有効です。ただ、服用する場合は飲み過ぎると喉の炎症をひき起こすとも云われますので、長期の服用や大量の摂取は避けた方が良いでしょう。効果については個人差もあり、一概には言えませんがエキナセアの持つ力については実際にサプリメントなどにも用いられています。
私は家にエキナセアのサプリメントを置いていて、風邪の季節にはよく飲んでいます。
おかげさまで、いわゆる「風邪薬」なるものはこの数年飲まずに済んでいます。「ヤバイかな?」という段階でエキナセアを飲んでいます。
そんな訳でお世話になっているエキナセアですが、明日は咲いてくれるでしょうか。


この種を蒔きました




シャーマンが伝える聖なるハーブのチカラ!

ランキングにも参加してみました。クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ


| hades444 | エキナセア | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
2008/07/09 11:10 AM posted by: ゆきのガコちゃん
ゆっくり開く花火のような花ね☆彡
2008/07/11 10:19 PM posted by:
◆ガコちゃん

実は今日現在(7月11日)でも、まだ咲いています。この花は咲ききると花びらが下にだらーんと下がりますが、その状態でずっと咲いています。もう少しで摘み取らないと種を狙ってスズメが来そうで、警戒してます。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://harbgarden.jugem.jp/trackback/22