無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
レモンバーベナ  〜レモンの香りのハーブ〜


その名の通り、レモンの様な芳香のするハーブです。
料理やお菓子にレモンの香りを付けたい時には利用できます。

レモンバーベナは落葉低木とされ、秋には葉が落ちてしまいますが、関西では屋外でも越冬出来ています。秋を過ぎると「枯れた?」と思わせるような姿になりますが、桜の花が咲く頃から新芽が出始め、見る見る大きくなります。
日当たりが良く、水はけの良い環境を好みます。また、アルカリ性の土の方が良いようですので、植える時は石灰を予め施しておくと良いと思います。
成長期(初夏頃から)にはかなり伸びてきます。写真のような小さな白い花も咲きますが、種子はつきにくいようです。殖やすには挿し木で殖やす方が良いそうですが、私はまだやった事がありません。

関西では屋外で越冬出来ましたが、基本的には耐寒性はないので、寒くなるとマルチングをしてやったり、屋内に入れたりという対策が必要かも知れません。
2枚目の写真は冬を越して、今年の春に新しく出てきた芽です。

香りが素晴らしいだけに、ハーブティー、ポプリ、入浴剤、香料と色々に使えますが、特にハーブティーはおススメです。
レモンバーベナ、レモングラス、レモンバームのフレッシュの葉を使ったハーブティーは代表的なもので、とても美味しいです。





シャーマンが伝える聖なるハーブのチカラ!

ランキングにも参加してみました。クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ




| hades444 | レモンバーベナ | comments(4) | trackbacks(0) |