無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
シナモンバジル 

シナモンバジルは名前の通り、シナモンの香りのするバジルです。と言っても、シナモンだけの香りというより、シナモンとバジルの香りを足したような感じでしょうか。
かなり香りは強い方です。
スイートバジルと同じく一年草ですが、比較的長い間枯れずに残っていたりします。
私の庭では、毎年こんな風に花がどんどん咲いて、ほとんど何もせずに好き勝手に伸びているような状況ですが、それでもかなり元気に育っています。手間要らずなハーブです。
良い香りがしますので、料理やお菓子など幅広く使えそうですが、私はまだ使ったことがありません。ドライにすると香りがなくなるそうですので、フレッシュで使うハーブだそうです。シナモンに似た香りを生かして紅茶などにも合うと聞きます。
メキシコでよく栽培されているそうで、メキシコ料理にはよく使われているそうですが、これまたお目にかかった事はありません。どんな風に使われているのでしょうか。
また、バジルを料理に使う場合はトマトとの相性が抜群ですが、バジルはトマトのコンパニオンプランツとしても最適です。そばに植えるとどちらも元気に育ちます。バジルは防虫や殺菌効果も期待できますので、トマト以外の野菜にも活用出来そうです。
シナモンバジルの香りは良い香りなのですが、私はどうもスイートバジルの方が好きで、使うのは専らスイートバジルです。
じゃあ、何で毎年育てるのかと訊ねられそうですが、このピンクと紫のグラデの花が好きなのです。毎年たくさんの花を咲かせて楽しませてくれます。
でも、今年は何か料理などに使ってみようかとも考えています。






シャーマンが伝える聖なるハーブのチカラ!

ランキングにも参加してみました。クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ

| hades444 | バジル | comments(0) | trackbacks(0) |
スイートバジル 2


スイートバジルです。
以前にもバジルは紹介した事があります。
一年草という事で、私はいつも春先に100円くらいで出回る苗を何本か買って育てています。種でやってみようかなとも思うのですが、苗で育てるとあまりにも簡単で手も掛からないというラクさから、つい苗を選んでしまいます。
ナメクジの食害以外にはまったく何の手も掛からず、水やりと状態を見ているだけで、あとは何もしていません。
成長も早いので、より多く収穫する事も考えて適宜、摘芯します。そうすると脇芽が出て更に葉がたくさん付きます。
脇芽が伸びてくると、根元の葉にも十分に日光が当たるよう、気をつけてやる必要があります。こんもりとした枝姿になってくると、下葉が陰になってしまうこともあります。
バジルの花は小さな白い花で可愛らしいですが、開花してしまうと葉の香りは落ち、葉も硬くなってしまうので、花を見たい!という方はそのままでも良いと思いますが、収穫して食べたい、という方は開花前に花は摘んだ方が良いでしょう。
たくさん収穫出来たら、冷凍で保存してもOKですし、ビネガーやオリーブオイルに漬けて保存しても良いようです。ドライにしても香りが高く、色々な事に使えます。
ところで・・・バジルは純潔を試すハーブとされていて、誠実でない男性が触れると枯れてしまうそうです。
イタリアでバジルは、小さな愛と呼ばれ、バジルを身につけて異性の前に立てば「愛しています」という意志表示になるといわれています。
窓辺やベランダにバジルを置くと恋人ができるといわれ、恋愛を実らせるハーブです。
私はほぼ毎日のようにバジルに触っていますが、ウチのバジルは元気なので一応誠実でない、という事はないようです。ひやひや
ハーブ初心者の方でも、育て易くお勧めのハーブです。一株あれば、きっとハーブの魅力がお分かり頂けると思います。
ウチの今日の夕食はニョッキなので、朝にバジルを摘んでおきました。・・・という感じで、すぐに使える便利なハーブです。






シャーマンが伝える聖なるハーブのチカラ!

ランキングにも参加してみました。クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ


| hades444 | バジル | comments(5) | trackbacks(0) |
スイートバジル
スイートバジルの花一番最初に紹介するのは スイートバジル です。。
このハーブは私が一番最初に育てたハーブです。
あまり手のかからない育てやすいハーブで、色んなことに使えて・・ホントに優等生?なハーブです。
春先くらいから、ショップでは100円くらいの苗をよく見かけます。
種もよく売っているのを見かけますが、苗が100円くらいなら、そっちの方が手っ取り早いかも・・・?
種を蒔くなら4月〜6月くらいが適しています。こぼれ種でも発芽してくれるので、種から育てても比較的カンタンです。

取り立てて難しいところのないハーブですが、水切れだけは注意しなくてはなりません。
バジルは水もたっぷり、肥料も好みます。そして日当たりも良い場所を好みます。
春夏とぐんぐん成長しますが、丈が伸びてきたら摘芯する事で脇芽を出させ、より多くの収穫を見込めるようにします。
摘心した部分は水に挿しておくと根が出てきますので、さらに殖やすことも出来ます。

バジルはシソ科の一年草で、耐寒性がないので寒くなると枯れてしまいます。
暖かい室内で育てると大丈夫、という話も聞きますが・・どうなんでしょう?
今年やってみます。

パスタを始め、色んな料理に使えて便利なバジルですが・・虫もその美味しさを知っているのか・・私の庭では毎朝、バッタが食べに来ています。
時には何匹ものバッタがバジルを朝食に・・・という光景を見ます。ナメクジという嫌〜なお客さんも来ています。
食用、という面を考えれば、害虫駆除の薬品は使いたくないので、まめに捕るようにするしかないようです。


| hades444 | バジル | comments(0) | trackbacks(3) |