無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
ニームの木 本当に万能選手なのか?


皆さま、大変ご無沙汰しておりました。あせあせ
7月31日に会社が不渡りを出してしまい、その後残務整理に追われる毎日です。
これまでの仕事とは全く違ったストレスと忙しさで忙殺されております。
このブログもすっかり放置の状態になってしまいました。
・・・が、今日はちょっと更新してみます。

写真の植物はハーブと言えるのかどうか・・・ですが、話題のニームの木です。
ニームは学名「アザディラクタ・インデカ」 (Azadirachta indica) というセンダン科アザディラクタ属 (Meliaceae Azadirachta) の熱帯・亜熱帯性常緑樹です。12〜24メートルにも達する高木でアジア、アフリカ、オーストラリア、フィージー、パプアニューギニア、南アメリカ等に広く分布し、和名を「インドセンダン(栴檀)」といいます。痩せ地で育ち高温に耐えますが、厳しい寒さや霜には弱い植物ということです。
インドでは生活に密着した植物だそうで、昔からアーユルベーダ(インド医学)の薬として、このニームの葉、実、樹皮が伝統的治療薬として使われてきました。心臓病、高血圧、動悸、乾癖、解熱、鎮痛、関節炎、リュウマチ、糖尿病、癌、消化不全、潰瘍、口内炎、神経系疾患、ストレス、マラリア、気管支炎、皮膚炎、最近では避妊薬に使われているそうです。インドではニームの葉の錠剤が糖尿病治療薬として販売されているとも言います。
さらにインドではニーム石鹸やニームオイル石鹸も販売されています。他にもフェイスクリーム、シャンプー、ローションも製品化されているようです。
また、ダニやノミ、ハエ、シラミ、蚊にも効くということでペット用石鹸、シャンプー、家畜の虫下しに効くということからニームの葉の粉末を混ぜた家畜補助飼料や、ニーム樹皮の抽出物が入った練り歯磨きや歯磨きパウダーもインドでは人気だそうです。
そして家禽、家畜、羊の飼料の重要な原料にもなっており、オイル抽出後のシードが家禽用飼料として使われているようです。現在、ニームは農業分野で使われることが圧倒的に多いようです。ニームケーキ(種子の仁からニームオイルを圧搾した後に残った物質)を圃場に撒けばシロアリやネマトーゼでやられることはないということです。ニームケーキはもともとサトウキビの肥料や港でのシロアリ対策に使われていたようです。 稲の苗を植えつける前に田んぼに葉をいれたり、苗床に葉や小枝を入れたり、種をニームオイルで処理したりして病害虫発生を予防する方法も昔からインドでは伝統的に行われていました。また、インドではニームの葉を2〜3%穀物に混ぜて貯蔵害虫による被害を予防するということが昔からなされています。同様にタンスに葉や小枝を入れて衣類が虫にやられないようにしたりもしているそうです。

・・・と、すごいじゃないですか!! 素晴らしい!!
と日本人は飛びついているようですが・・・本当のところ、どれだけの効果があるのかというのは、私はまだ実際に体験していません。
これまでにも、ニームの苗はネット通販などで見かけましたが、かなりいいお値段だったという事もあり、また熱帯の植物なので上手く育つのだろうか・・・という疑問もありました。それが、近所のホームセンターの園芸売り場で大量に売られているのを発見し、ネット通販で4000円近くしていたニームのこんな大きな苗が・・え?680円?と驚きの低価格であったことも幸いして、購入に至りました。
価格がかなり安くなっていること、販売されている量が多いことなどから、これは日本で育てられたニームではないか、それなら環境への順応性もひょっとしたら期待できないかと甘い考えも手伝って買って見た訳です。


ニームはつるっとした感じの木で、葉はギザギザした形をしています。今は青々をしていますが、冬には葉が落ちるそうです。気温が10度以下になると室内での育成が良いそうです。とりあえず育ててみて、ニームの葉を漬けた水をハーブに撒いてみたり、いらない葉を土に混ぜたり・・・とニームの効果を調べてみます。
まだ売っているうちに、もう一本苗を買おうかな・・と考えたりしています。



シャーマンが伝える聖なるハーブのチカラ!

ランキングにも参加してみました。クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ










| hades444 | 虫除けのハーブ | comments(6) | trackbacks(0) |
蔓延りに注意? ゼラニウム


ずっとずっと前に、こぼれ種からゼラニウムが発芽して育っています・・・という事を載せたのですが、そのゼラニウムはどうなったのかと言うと、まさか自分でもそこまで育つとは・・・という想定外の成長を見せ、我が家の庭にゼラニウムのジャングルを形成するに至りました。
その香りたるや、かなりなものがありまして、私の家の庭は塀の外にある道路よりは170センチくらい高いところにありますが、その歩道を歩いていてもゼラニウムの香りが漂ってきます。雨が降ったりするとさらに香りは強くなります。
今では大きくなり過ぎて、少々切らねばという状態です。

毎日の猛暑の中、最近発見したのですが・・・このゼラニウム、実はちょっと離れた場所にまで芽を出しています。しかも、この暑さの中で順調に育っているようです。
写真に撮ってみたのですが、いくつかの芽がぐんぐんと伸びています。
もうゼラニウムはいいです〜というくらい大きなスペースを占拠されているので、この芽もそのままには出来ないかな・・と考えています。
もちろん、世話というような事はしていないので、このハーブが非常に強健であることがご理解頂けると思います。ちょっと油断すると、あっと言う間に蔓延ってしまう・・・そんな注意も必要かもです。

ところで、この写真に写っているガーデンライト、ソーラータイプで昼間に蓄電して、暗くなると勝手に点灯して、8時間くらいは点いています。
それほど大きなものでもないので、辺り一面を照らすようなものではないですが、なかなか良い感じで気に入っています。さりげなくバッタが写真に写り込んでいますので、ライトの大きさもお分かり頂けると思います。なかなかの優れものですが、ホームセンターでたしか440円というビックリの価格でした。
単3の充電電池がバッテリーとなりますので、電源コードも必要なく、好きなところの地面へ差し込むだけという便利さです。
最近はガーデニングという趣味も普及して、色々な“あったらいいな”というものが、お店で並んでいます。ほんとに便利になったなぁと変な実感をしております。

このところ、更新が滞っています。実は勤務先が急に倒産してしまい、身辺がバタバタしており、なかなかこのブログも更新出来ずにいます。また折を見て、新しい記事もアップしますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


虫を撃退するタイプもあるそうです。


シャーマンが伝える聖なるハーブのチカラ!

ランキングにも参加してみました。クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ
| hades444 | ゼラニウム | comments(3) | trackbacks(0) |
メキシカンブッシュセージ  ハーブを大きく育てるには

セージは多くの種類があり、それが一体どれくらいなのかは私もよくわかりません。
ショップでも、クラリーセージ、チェリーセージ、メドウセージ・・と様々な種類を見かけます。その中で、今回はメキシカンブッシュセージを紹介します。

セージは長い歴史を通じて、全世界で不老長寿や子宝のハーブとして高く評価されてきた植物で、「長生きしたければ5月にセージを食べなさい」というイギリスの格言や「庭にセージのある家で死人が出る筈がない」というアラビアの古い諺が、このハーブの威力を物語っています。特に17世紀の中国では大変珍重され、オランダの商人は、葉1枚につき中国茶3箱という高値な値段で中国に売っていました。
また、セージは祭礼などにもよく使われ、浄化の力があるとも信じられていたようです。

セージの利用方法としては、食用と始め、薬用や日常生活の中でも様々に用いられてきたようで、家政の美徳のシンボルともされてきたようですが、それぞれの利用方法は個別に紹介させていただくとして、セージには観賞用の種も多く、今回のメキシカンブッシュセージも、ポプリやドライフラワーにも向いていると言われますが、観賞用に育てられることが多いようです。
セージはシソ科サルビア属の常緑小低木で、その多くは耐寒性があり、丈夫で育て易い種が多いと言えます。日当たり良く、水はけの良い場所を好みますが、暑い夏には突然枯れてしまうこともありますので、半日陰にしてやる方が良いようです。
種によっては、植えてからなかなか安定しないものもあるようです。その反面、条件が整うと成長は目覚しいものがあったりもします。

ハーブに限らず、植物はやはり根の成長というものが重要な要素だと感じています。
この写真のセージは元々、鉢植えのセージの枝姿を整える為に切った一部分を、本当に何気なく土に挿しておいたものなんです。挿したのは秋でしたが、そのまま冬を越し、雪が積もった日もそのままで、春になるとぐんぐん成長し、今では80センチを越えています。元の苗はというと、いまでもコンパクトに20センチくらいですが、土質を比べると比較にならないくらい大きくなったセージの方が劣ります。私の庭の土は砂まじりで石も多い、そのままでは栽培に適した土質とは言えない土ですが、このセージは特に肥料もやっていない、水やりもせず雨が降った時の水分だけ、勿論土は改良していません。それでもこんなに大きくなるのは、やはり根だろうと思います。根の成長が妨げられるか、そうでないかという事が大きな要素になるのでしょう。
実際に私の庭では、種を蒔いてプランターで育てていてもイマイチだったレモンバームや、プランターからのこぼれ種で芽吹いたゼラニウムがかなり大きく育っています。
広い場所で、多くのハーブを地植えにして大きく育てられたら、どんなに良いだろうかと思います・・・が、実現するには相当土地の安い所に引っ越すしかないようです。あせあせ



シャーマンが伝える聖なるハーブのチカラ!

ランキングにも参加してみました。クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ


| hades444 | セージ | comments(5) | trackbacks(0) |
ソープワート 〜石鹸になるハーブ〜


ソープワートの花が咲きました。
とても清楚な美しさの花です。早朝の庭でひときわ白さが映えています。
ソープワートはナデシコ科サボンソウ属の多年草で、別名をサポナリア、和名はサボンソウと言います。その名の通り、古くから石鹸として使われていたハーブです。
長さ15センチほどの長円形で先の尖った大きな葉が対生し、草丈もあります。
ソープワートの茎や葉、根を煮出して柔軟剤や洗剤にしたり、葉茎を乾燥させ煎じたものを皮膚病、湿疹の患部洗浄の治療薬や石鹸としたと云われています。
現在もイギリスのナショナルトラストでは、古美術品のデリケートな織物はソープワートで洗浄するそうです。
ソープワートは根に毒素を含んでいますので、飲用には出来ません。また、池のそばなどに植えるとその毒素で魚が死んだりすることがあるので、植える場所にも注意が必要です。
栽培については、とにかく丈夫で繁殖力の旺盛な種なので、逆に蔓延り過ぎないように気をつけるくらいで、こぼれ種でも発芽しますし、挿し芽や株分けでも殖やせます。基部の茎が横に広がって繁殖するので、鉢やプランターで育てる場合でも大きめのものを用意してあげて下さい。茎はしゃんと立ちませんので、支柱を立ててやるのもいいでしょう。
ソープワートは良く肥えた水はけのよい土を好みます。やや湿り気のある土が良いように思いますので、これからの季節は乾燥に気をつけて下さい。
薄桃色の花は6月から7月に咲きますが、開花後に早めに摘み取るか、刈り込みをするとよく長く花を楽しめます。とても見ごたえのある花です。
先日紹介した神戸の布引ハーブ園では大きな群生が見られましたが、この規模で花が一斉に咲くと素晴らしいだろうと思います。



石鹸になる、というのは泡が立つだけでなく、洗浄成分もあるんだろうか・・・?と以前からとても気になっているのですが、実際にナショナルトラストで使われている、という事はそれなりに汚れが落ちる、ということなのでしょう。どんどん蔓延らせて、ソープワートで洗濯や入浴をしていたら、水質汚染の防止に役立つでしょうか・・。



シャーマンが伝える聖なるハーブのチカラ!

ランキングにも参加してみました。クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ

| hades444 | 色々なハーブ | comments(0) | trackbacks(0) |
ワイルドストロベリー 〜 幸せを運んでくれるハーブ?〜


幸せを運ぶハーブと云われるワイルドストロベリーです。
バラ科オランダイチゴ属の多年草で、別名をヨーロッパ草イチゴ、野苺などとも呼ばれます。和名はエゾヘビイチゴと言います。
冬でも元気な、非常に繁殖力の旺盛なハーブです。春先にはショップに苗が大量に並んでいるのを見かけます。私の育てている苗もそんな春先の苗を2年前に買ったものですが、ずっと元気に育っています。
ランナーでどんどん増えてゆきますので、実をたくさん収穫したい方は広めのスペースでどんどん殖やしても良いと思います。プランターでも育てやすいですが、大きめのプランターで育てた方がより元気に育てられるでしょう。
小さなイチゴですが、イチゴの香りと甘酸っぱさをしっかり持った美味しい実をつけます。実をとるまで、もう1日もう1日と待っていると、ナメクジにやられてしまうこともしばしばですが、多くの株で収穫するとジャムにもなるくらいの収穫を期待出来ます。
小さなイチゴはお菓子などに使ったり、そのまま食べたりと用途はさまざまで、ビタミンC、鉄分などが豊富に含まれているので貧血に効果があり、ミネラルが豊富で血液の浄化作用もあるそうです。また美白効果があるとも言いますが、私はこれについては詳しくは解りません、腎臓、肝臓の強化にも効果があると云われています。葉の利用方法やその効果も色々と聞きますが・・・葉には毒素があると言われますので、葉を利用する時には十分な注意と知識が必要です。

栽培には、よく肥えた土と十分な日当たりが必要です。また乾燥を嫌いますので、水切れには注意して下さい。私の苗も昨年の夏に、ちょっとした油断で大打撃を受けました。
育て易いハーブですので、特に神経を使うことはありません。大阪では冬に雪の降る日もありましたが、屋外で大丈夫でした。寒くなると葉が赤くなり、成長も遅くなりますが、春にはまたぐんぐんと大きくなります。
本当に幸せを運んでくれるかどうかは分りませんが・・・ちょうど写真のような、可憐な白い花と可愛らしい赤い実と鮮やかな葉のグリーンのコントラストが楽しめる時は、ちょっと幸せな気分にしてくれるかもです。






シャーマンが伝える聖なるハーブのチカラ!

ランキングにも参加してみました。クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ

| hades444 | 色々なハーブ | comments(3) | trackbacks(0) |
シナモンバジル 

シナモンバジルは名前の通り、シナモンの香りのするバジルです。と言っても、シナモンだけの香りというより、シナモンとバジルの香りを足したような感じでしょうか。
かなり香りは強い方です。
スイートバジルと同じく一年草ですが、比較的長い間枯れずに残っていたりします。
私の庭では、毎年こんな風に花がどんどん咲いて、ほとんど何もせずに好き勝手に伸びているような状況ですが、それでもかなり元気に育っています。手間要らずなハーブです。
良い香りがしますので、料理やお菓子など幅広く使えそうですが、私はまだ使ったことがありません。ドライにすると香りがなくなるそうですので、フレッシュで使うハーブだそうです。シナモンに似た香りを生かして紅茶などにも合うと聞きます。
メキシコでよく栽培されているそうで、メキシコ料理にはよく使われているそうですが、これまたお目にかかった事はありません。どんな風に使われているのでしょうか。
また、バジルを料理に使う場合はトマトとの相性が抜群ですが、バジルはトマトのコンパニオンプランツとしても最適です。そばに植えるとどちらも元気に育ちます。バジルは防虫や殺菌効果も期待できますので、トマト以外の野菜にも活用出来そうです。
シナモンバジルの香りは良い香りなのですが、私はどうもスイートバジルの方が好きで、使うのは専らスイートバジルです。
じゃあ、何で毎年育てるのかと訊ねられそうですが、このピンクと紫のグラデの花が好きなのです。毎年たくさんの花を咲かせて楽しませてくれます。
でも、今年は何か料理などに使ってみようかとも考えています。






シャーマンが伝える聖なるハーブのチカラ!

ランキングにも参加してみました。クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ

| hades444 | バジル | comments(0) | trackbacks(0) |
エキナセア 〜インディアンハーブ〜

私の庭では今、エキナセアの花が咲きそうです。
エキナセアはハーブを育て始める前から、その効果・効能については知っていて、色々なハーブを育てるようになって、エキナセアの苗がずっと欲しかったのですが、身近なところでは苗を見つけることは出来ませんでした。あっちこっち探していたんですが、結局見つけられず、昨年ネットで種を入手して蒔いてみました。
苗から育てる場合と違い、種から育てると成長がとても遅いようです。昨年芽を出した株は、秋以降には室内で育て、今年の春になってぐんぐんと伸び始めました。そして、今年ようやく花を見せてくれそうです。一年越しの開花まで、あと一息です。
しかし、このエキナセアは蕾が出来てから、こんなにも時間がかかるのかを思う程ののんびり屋さんで、花びらが伸びてからも数日経っています。一枚目の写真は日曜日に撮影しました。その前日には咲くと思っていましたが咲かず、この状態です。
そして月曜の朝の状態が2枚目の写真です。まだ花びらの一枚一枚が巻いています。これが開いて大きな花になります。


エキナセアはキク科ムラサキバレンギク属の多年草です。原産地はアメリカ東部で、育てるには、やや乾燥気味に、肥えた土で日当たりの良いところで育てるのが良いと思います。風通しの良い場所の方が適していますので、梅雨時は過湿にならないよう、気をつけてやる必要があります。耐寒性がありますが、冬には地上部が枯れる場合もあります。私のエキナセアも冬に室内にあっても枯れましたが、春には新しい芽が出ますので心配ありません。
アメリカ大陸の先住民は、古来からエキナセアを優れた万能の薬草として活用していたそうです。根を叩いて出来た汁を、外傷や咳止め、のどの痛みなど治療に用いたといわれています。エキナセアは弱った免疫力を強化し、病気に対する抵抗力を高める働きがあるといわれ、直接ウイルスを攻撃する抗ウイルス作用もあるそうです。
殺菌効果や膀胱炎、風邪、インフルエンザなどの感染症にも効果があると云われ、花や葉をドライにしたハーブティーなども良いようです。チンキは感染症、傷に有効です。ただ、服用する場合は飲み過ぎると喉の炎症をひき起こすとも云われますので、長期の服用や大量の摂取は避けた方が良いでしょう。効果については個人差もあり、一概には言えませんがエキナセアの持つ力については実際にサプリメントなどにも用いられています。
私は家にエキナセアのサプリメントを置いていて、風邪の季節にはよく飲んでいます。
おかげさまで、いわゆる「風邪薬」なるものはこの数年飲まずに済んでいます。「ヤバイかな?」という段階でエキナセアを飲んでいます。
そんな訳でお世話になっているエキナセアですが、明日は咲いてくれるでしょうか。


この種を蒔きました




シャーマンが伝える聖なるハーブのチカラ!

ランキングにも参加してみました。クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ


| hades444 | エキナセア | comments(2) | trackbacks(0) |
ヘリオトロープ 1

やっと花が咲きました。
ヘリオトロープです。ムラサキ科キダチルリソウ属の常緑小低木で非耐寒性のハーブです。和名は木立瑠璃草、別名香水草と呼ばれます。
その別名の通り、花が咲くとバニラに似た素晴らしい甘い芳香があります。
観賞用のヘリオトロープもよく店頭で見かけますが、こちらは香りはありません。
ヘリオトロープはこの写真のような紫の花と白い花の2種類があるようです。
私の庭にはどちらの苗もありますが、白い花の方はまだ蕾で、もうそろそろ咲いてくれそうです。白い花の方は、以前に苗を松江から取り寄せて買いましたという記事で紹介したものです。特に香料として使われる種を買いましたので、白い花の方が香りを楽しめそうです。
ヘリオトロープはハーブティや食用というより、香りを楽しむハーブのようです。
石鹸の香りづけや、ポプリなどに良く合いそうです。
十分な日照を好み、特に水切れを嫌うハーブですので、これからの季節は注意が必要です。花が終わったら枝先を切って若い芽の発育を促し、花ガラを取り除いてやると、よく花が長く楽しめます。
耐寒性がないので、寒い時期は屋内に入れてやるなどの対策が必要です。
挿し木で簡単に殖やすことが出来ると聞きますが、私はまだ試したことがありません。

ハーブティにしたり、食用にしたりというハーブの場合は花を咲かせると香りが少なくなったりするので、花を摘んで香りを残す・・・という場合が多いですが、このハーブは花が咲かないと香りを楽しめないので、咲くのがとても楽しみです。






シャーマンが伝える聖なるハーブのチカラ!

ランキングにも参加してみました。クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ

| hades444 | 色々なハーブ | comments(5) | trackbacks(0) |
スイートバジル 2


スイートバジルです。
以前にもバジルは紹介した事があります。
一年草という事で、私はいつも春先に100円くらいで出回る苗を何本か買って育てています。種でやってみようかなとも思うのですが、苗で育てるとあまりにも簡単で手も掛からないというラクさから、つい苗を選んでしまいます。
ナメクジの食害以外にはまったく何の手も掛からず、水やりと状態を見ているだけで、あとは何もしていません。
成長も早いので、より多く収穫する事も考えて適宜、摘芯します。そうすると脇芽が出て更に葉がたくさん付きます。
脇芽が伸びてくると、根元の葉にも十分に日光が当たるよう、気をつけてやる必要があります。こんもりとした枝姿になってくると、下葉が陰になってしまうこともあります。
バジルの花は小さな白い花で可愛らしいですが、開花してしまうと葉の香りは落ち、葉も硬くなってしまうので、花を見たい!という方はそのままでも良いと思いますが、収穫して食べたい、という方は開花前に花は摘んだ方が良いでしょう。
たくさん収穫出来たら、冷凍で保存してもOKですし、ビネガーやオリーブオイルに漬けて保存しても良いようです。ドライにしても香りが高く、色々な事に使えます。
ところで・・・バジルは純潔を試すハーブとされていて、誠実でない男性が触れると枯れてしまうそうです。
イタリアでバジルは、小さな愛と呼ばれ、バジルを身につけて異性の前に立てば「愛しています」という意志表示になるといわれています。
窓辺やベランダにバジルを置くと恋人ができるといわれ、恋愛を実らせるハーブです。
私はほぼ毎日のようにバジルに触っていますが、ウチのバジルは元気なので一応誠実でない、という事はないようです。ひやひや
ハーブ初心者の方でも、育て易くお勧めのハーブです。一株あれば、きっとハーブの魅力がお分かり頂けると思います。
ウチの今日の夕食はニョッキなので、朝にバジルを摘んでおきました。・・・という感じで、すぐに使える便利なハーブです。






シャーマンが伝える聖なるハーブのチカラ!

ランキングにも参加してみました。クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ


| hades444 | バジル | comments(5) | trackbacks(0) |
グリーク・オレガノ

今回はオレガノを紹介します。ハーブの中でも最も知られた種です。
シソ科ハナハッカ属の多年草です。スイートマジョラムとは同じ仲間で、別名はスイートマジョラムに対してワイルド・マジョラムと云い、和名は花薄荷と呼ばれます。
とても元気で丈夫、育てやすいハーブです。春先からショップの店頭でもよく見かけ、夏に向かってぐんぐん成長し、殖えてゆきます。
今回の画像の見事な群生は布引ハーブ園で撮影したものです。ハーブ園ではそこら中にオレガノの群生が見られました。

乾燥を好むので、やや乾燥気味に育てた方がよいようです。日本では多湿な気候のために香りがあまり出ないとも聞きます。
特に梅雨時は蒸れると弱ってしまいますので、刈り込んで枝をすいてやる必要があります。地中海沿岸の原産ですから、やはりカラッと乾燥した気候の方が合うのでしょうね。

オレガノといえば、イタリア料理によく使われます。スパイスの売り場でよく見かける、ビンに入ったオレガノは、ドライのオレガノの葉を細かくしたものです。
オレガノはトマトやチーズとの相性が抜群で、ピザやパスタにもとても良く合います。
収穫した葉をドライで使うも、フレッシュで使うのも良いでしょう。
ただ、一般的なオレガノの苗をそのまま使ってみても、ちょっと効果は薄いかも?とも思います。
私は今年、松江からオレガノの中でも特に香りが強く、料理向きというグリーク・オレガノという種を手に入れました。
植え替えてから、しばらくはそっとしていましたが・・・変な伸び方になってきたので、収穫と枝姿を整える為にカットしました。

さすがにこのグリーク・オレガノは香りが強く、オレガノはハナハッカというだけに、ツンとした清涼感と香りと、辛味がありますが、一般的なオレガノと比較すると差は歴然です。ちょっと葉を一枚口に入れて噛んでみると、その香味と爽やかさがしばらく続きます。実際に試してみて、これはいい苗が手に入ったと喜んでいます。
これだけのオレガノ、使わない手はないと・・・チキンをトマトソースとたっぷりのチーズで焼いて、カットしたオレガノをフレッシュで使ってみました。

ちょっと入れ過ぎました。あせあせ
グリーク・オレガノの場合、ここまで入れたら入れ過ぎです。
でも、さすがに良い香りで料理も一味変わります。今度はピザやパスタにも使ってみたいものです。
他にもオレガノの使い方は様々あるようです。また何度か紹介したいと思います。


グリーク・オレガノの種

シャーマンが伝える聖なるハーブのチカラ!

ランキングにも参加してみました。クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
| hades444 | オレガノ | comments(5) | trackbacks(0) |